News

BJ PENN SIGNING | JULY 31

"神童"とも呼ばれる総合格闘家BJ PENN(BJ・ペン)によるサイン会が1時間限定でRVCA SHIBUYAにて開催。 カイルア出身(ハワイ)の彼はUFCにて2階級制覇(ライト級、ウェルター級)、ブラジリアン柔術世界選手権の黒帯において初めてブラジル人以外で世界タイトルを獲得という経歴を持つ格闘家、柔術家である。UFC殿堂入りも果たし、今なをその名を歴史に刻み込んでいます。

なお、サイン会当日の7月31日(水)11AMよりRVCA SHIBUYA 店頭にてサイン会参加希望者に整理券を配布します。(50枚限定。整理券は無くなり次第終了)

■Date & time
2019年7月31日(水)4:00PM - 5:00PM
※3:30PMにRVCA SHIBUYA横に集合し整理券番号順に並んでお待ちいただきます

■Location
RVCA SHIBUYA(東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル1F)

■注意事項
私物へのサイン、BJの身体に触れる行為(パンチをするポーズや肩を組むなど)は不可となっております。ポスターを配布予定にしております。

<BJ PENN(BJ・ペン)>
“神童” とも呼ばれるBJ・ペンは17歳の時にヒロ(ハワイ)にて近所に住むトム・カロスによりブラジリアン柔術と出会う。トムを通じ1997年にラルフ・グレイシーに会い更なる柔術のトレーニングを積む為にカリフォルニアのマウンテンビューへ拠点を移すことを決める。その時から今なおBJ・ペンは、ブラジリアン柔術とUFC(アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ)を通して、歴史に名高い経歴を刻み続けている。



SMITH STREET TATTO PARLOUR COLLECTION LAUNCH / POP UP SHOP

RVCAと世界最高峰のタトゥーパーラーとのコレクション "Smith Street Tattoo Collection" の新作コレクション発売を記念した二日間限定の POP UP STORE が TRUNK (HOTEL) 内に JOURNAL STANDARD によるディレクションで OPENします。RVCA ANP アーティストである Bert Krak(バート・クラック)とSteve Boltz(スティーブ・ボルツ)によって2008年に設立された Smith Street Tattoo Parlor はニューヨーク州ブルックリンのキャロルガーデンズに位置し、そのクルーは伝説的と呼ばれるほど有名なアメリカン・タトゥーアーティスト : Bert Krak、Steve Boltz、Eli Quinters(エリ・クワプター)、Frank William(フランク・ウィリアム)、Shris Howell(クリス・ハウエル)といった メンバーで構成されています。彼らの本物のブルックリン・インクを求め数ヶ月前から予約は埋まり、世界中のファンが彼らの元を訪ねています。当日は本人たちも来場しNYの雰囲気をそのまま再現します。

■Date & time
2019年7月31日(水)- 8月1日(木)11:00AM - 8:00PM

■Location
TRUNK (HOTEL)(東京都渋谷区神宮前5-31)

<SMITH STREET TATTO PARLOUR>

RVCA ANPアーティストであるBert Krak(バート・クラック)とSteve Boltz(スティーブ・ボルツ)にによって2008年に設立されたSmith Street Tattoo Parlorはニューヨーク州ブルックリンのキャロルガーデンズに位置します。Smith Street Tattoo Parlorのクルーは伝説と呼ばれるほど有名な、伝統的なアメリカン・タトゥーアーティスト、Bert Krak、Steve Boltz(スティーブ・ボルツ)、Eli Quinters(エリ・クワプター)、Frank William(フランク・ウィリアム)、Chris Howell(クリス・ハウウェル)から構成されています。Smith Street Tattoo Parlorは、世界最高峰のタトゥーパーラーの一つとみなされています。数ヶ月前から予約が入り、彼らの本物のブルックリン・インクを求め世界中からファンが訪れています。Smith Street Tattoo Parlorとの関係は、Bert KrakとRVCAの創設者であるPM Tenore(PM・テノール)との友好関係から始まりました。バートは2013年にArtist Network Programのメンバーになり、以来、ファミリーとみなされてきました。

<BERT KRAK(バート・クラック)>

バート・クラックはNYをベーストするアーティスト、タトゥーアーで、世界的にも名高いSmith Street Tattoo Parlourに所属。1977年7月12日にフロリダ州のハリウッドで生まれた彼は家族と共にニューヨーク州ブルックリンで暮らしている。タトゥーとペイントを始めたのは2000年頃。その後、 彼の独特のスタイルである太いラインとカラーパレットは”クラシック”とイコノグラフィー(図像学)の融合として知られるようになる。多くの人々に知られた今はアート活動をおこなうべく世界中を飛び回わる。タトゥー以外では水彩絵の具とアクリル絵の具でペイントを行い、イメージをより発展した才能へと導いている。


SKATE VIDEO PREMIER “BALANCE OF OPPOSITES” | JULY 30

「RVCA WORLD TOUR TOKYO」で来日する RVCA SKATE チームによる最新スケートムービー ‘The Balance Of Opposites’ のプレミアが、渋谷 MORTAR(モータル)にて7月30日(火)7PM〜開催。会場には、Andrew Reynolds(アンドリュー・レイノルズ)、Curren Caples(カレン・ケープルス)、Kevin "Spanky" Long(ケビン "スパンキー" ロング)、Zach Allen(ザック・アレン)、高橋賢人、瀬尻稜が合流し、サイン会やミニスケートコンテストも行います。映像作品は2本立てで、RVCA SKATE チームの映像作品に加え、スケートチーム LESQUE プレゼンツによる RVCA JAPAN ライダー高橋賢人のフルパート映像も公開。当日は RVCA SKATE チームのツアーオリジナルT-Shirt(先着限定30枚、ポスター付き)の販売もあり。

■Date & time2
019年7月30日(火)7:00PM - 10:00PM

■Location
MORTAR(東京都渋谷区神南1-3-4)

■Special Thanks
Bintang Beer / Crystal Geyser


MATTY’S PATTY’S | JULY 30

ニューヨークタイムズのベストセラー作家であり、コメディアン、シェフ、レストラン経営者である Matty Matheson(マティー・マセソン)とのコレクション "Matty's Patty's Collection" の発売を記念したイベントが FREAK'S STORE 渋谷店併設ギャラリー「OPEN STUDIO」にて開催。Vice による食の探求コンテンツ「MUNCHIES」に定期的に出演したり、とにかく美味しいものを求めるバーチャルツアーガイド役として VICELAND シリーズの「 It's Suppertime!」のホストも務める彼が、この日のために来日し、皆様の為に特製ハンバーガーを数量限定で振舞います。 300のパティとアメリカンチーズ、史上最強のコンビネーションの特製のソースから成る150個のダブルチーズバーガーはあなたのNo.1バーガーの座を射止めることでしょう。

この Matty Matheson と RVCA創設者 Pat Tenore(パット・テノール)による協力的な取り組みにより実現した "Matty's Patty's Collection" のアイディアはノースショア(オアフ)でフードトラックを楽しんでいた RVCAloha から生まれました。Matty は何か新しくてユニークなものをと、特製のバーガーレシピを持ち込みました。才能溢れる Alexis Ross(アレクシス・ロス)からアートワークとロゴデザインの協力を得て、Matty's Patty's collection はただの食の体験にとどまらず、MENS そして WOMENS のアパレルコレクションとなりました。

なお FREAK'S STORE では "Matty's Patty's Collection" の TOKYO LIMITED アイテムが販売予定です。

■Date & time
2019年7月30日(火)6:00PM - 9:00PM

■Location
OPEN STUDIO (FREAK'S STORE 渋谷併設ギャラリー)(東京都渋谷区神南1-13-1)

■Special Thanks
Crystal Geyser


ZAK NOYLE PHOTO SLIDE SHOW “WAVE OF CHANGE” | JULY 29

RVCA WORLD TOUR TOKYO のキックオフイベントとして、オアフ島をベースとする世界で最も注目される水中フォトグラファーの Zak Noyle(ザック・ノイル)によるイベント "WAVE OF CHANGE" を Surfrider Foundation Japan の協力の元、Pilgrim Surf+Supply にて開催されます。本イベントではスライドショーにてハワイはもちろん世界で彼がとらえた大変貴重な一瞬がお楽しみいただけるだけでなく、我々が直面しているペットボトルなどの環境問題についても語られる予定です。また、日本ではこの秋発売を予定してるザックによりゼロから設計された彼のシグネチャーバックのお披露目も行われます。

■Date & time
2019年7月29日(月)7:00PM - 9:00PM

■Location
Pilgrim Surf+Supply(東京都渋谷区神南1丁目14-7 1F)

■Special Thanks
Surfrider Foundation Japan / Bintang Beer


RVCA WORLD TOUR

始まりはRVCAの仲間たちとのオーストラリアへのロードトリップ。それがハワイ、ニューヨークへと続き、次なる目的地は私たちの住む日本、「東京」。
2019年7月29日から8月3日にて、RVCA World Tour が東京で開催決定!期間中、アート、音楽、スポーツ、サーフ、スケート、フードなど型にとらわれることのない独創的かつユニークなイベントが国内外から参加するRVCAの仲間たちと共に開催されます。今後本WEBサイトやInstagramfacebookなどにUPされる各イベントの詳細をお見逃しなく。


Kristen Liu-Wong COLLECTION

Introducing the Kristen Liu-Wong Collection. *コレクションは こちらより

Special Editionアーティスト Kristen Liu-Wong(クリスティン・リューウォン)との新しいコレクションを発表できることを嬉しく思います。このコレクションは、彼女が創作したアートをダイレクトに表現したもので、ポップなカラーが特徴的。


Libre Y Soberano | RVCA SHIBUYA GALLERY

先週末、一周年を迎えた RVCA SHIBUYA GALLERY にて サンフランシスコより来日したアーティスト Matthew Bajda(マシュー・バイダ)によるExhibitionが開催されました。降り続いていた雨も始まる頃には止み、会場は大勢のお客様で賑わいました。バハカリフォルニアでおさめられた写真作品たちを展示する本Exhibitionには手作りのサボテンも作品として登場。また、ベジタリアンのマシューのお気に入りでもあるBreakfast clubによる、色鮮やかな特製のベジタリアン・タコスが振舞われ、目だけではなくお腹も満たされる一夜となりました。本展示は6月30日(日)までの開催予定。お見逃しなく。

詳細とPhotoアルバムは下記(READ MORE)より


RVCA Surf | (DEMO)

As the morning sun rose with the offshore breeze, Noah Beschen, Shane Borland and Oscar Langburne ventured along the dusty Australian roads in search of the unknown. From opposite corners of the globe, the three surfers had converged to share waves and forge a comradery that few other things than traveling can facilitate. And, as any journey comes with its fair share of adventure, mishaps and triumphs, the boys were fortunate enough to be doled a hefty portion of the latter. Favorable conditions and solid swell and kept morale high, as did a run-in with fellow RVCA-ers Jay Davies and Nathan ‘Noodles’ Webster midway through their voyage. And despite some minor detours – including an unfortunate encounter with some local wildlife – nothing stopped these semi-grown groms from seeing their journey through and taking in the best of the pristine Australian coastline along the way.

Video & edit by James Kates

Photos by Chris Grundy & Delon Isaacs

More at StabMag.com


Matthew Bajda | RVCA SHIBUYA GALLERY

渋谷にSTOREがOPENして早一年。2Fに併設されるギャラリーでは様々なエキシビションが開催されてきました。そんなギャラリーにて6月7日(金)より、サンフランシスコ在住のアーティスト Matthew Bajda(マシュー・バイダ)による一周年にふさわしいエキシビション “Libre Y Soberano” が開催されます。

日本語で自由と独立を表す “Libre Y Soberano” はバハカリフォルニア(メキシコ)に由来します。野生的で自然が溢れるバハカリフォルニアには、人が少ない土地がたくさん存在します。町もないロングドライブ、そこにあるのは自然だけ。そんな地でマシューが長年に渡り撮りためた写真たちからは、あなたが自由に生きているように感じるでしょう。

なお、初日6月7日(金)の18時から21時に開催されるオープニングレセプションはアーティスト本人の来場はもちろん、ドリンク&タコスが振舞われる予定です。初夏を彩る本イベントをお見逃しなく。

Libre Y Soberano by Matthew Bajda
Date & Time : 2019年6月7日(金) - 2019年6月30日(日)11:00 – 20:00
※初日6月7日(金)18 – 21時にてどなたでもご参加いただけるオープニングレセプションを開催します
Location : RVCA SHIBUYA GALLERY (東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル2F)
※無料開放となっておりますのでどなたでもご覧頂けます


【Matthew Bajda(マシュー・バイダ)】
マシュー・バイダは、サンフランシスコ在住のアーティスト兼キュレーターです。近年、ミクストメディア(一つ以上の媒体または素材を用いた美術工芸品)彫刻に携わっていますが、主にドキュメンタリーやストリートの写真作品で知られています。ベルリン、東京、ロサンゼルス、サンフランシスコ、デトロイト、ニューヨーク、マイアミなど世界中の都市で展示されています。彼は旅と同じく古い車の運転にも多くの時間を費やしています。彼の写真は、彼が旅行中に出会った人々の日常生活の一部や文化を映しています。

[Instagram]
[HP]


Back to Top