News

Studio Collection

Introducing the latest Studio Collection. *コレクションは こちらより

本コレクションは私たちのデザイナーによって特別にキュレーションされたエレガントなコレクション。タイムレスかつ大胆なデザインと上質な生地が生み出す特徴的な ready-to-wear コレクションをお楽しみください。

LOOK BOOKはこちらより


SIXTEEN CANDLES Vol.2 | OPPA-LA

RVCA x BEDWIN & THE HEARTBREAKERS がタッグを組み、様々な場所で不定期に開催する気軽でアットホームなパーティー”SIXTEEN CANDLES”

大盛況で終わった第一回目に続き、来る5月19日、日曜日江ノ島OPPA-LAにて14:00-21:00までサンデーアフタヌーンパーティーとなって第二弾が開催されます。

今回もDJ NORIをメインにハワイからのスペシャルゲスト ALOHA GOT SOUL, OPPA-LA レジデントでもありBEDWIN & HERTBREAKERSとも関わりの深い、DJ FRAN-KEYを迎えて、海沿いに面した日曜の午後にぴったりなロケショーン江ノ島OPPA-LAにて皆様をお待ちします。

RVCAのイベントではすっかりお馴染みとなったDJ NORIは、その40年にも渡るキャリアと経験を基にどんな時間帯、環境下に於いても最高の空間を創り出す音楽のマエストロ。湘南出身でOPPA-LAレジデントと言っても良いDJ FRANK-KEYは、BEDWIN & HEARTBREAKERSとも親交が深く。地元湘南にての海を感じさせるスタイルは、初夏の季節にピッタリ。そして今回のスペシャルゲストALOHA GOT SOULはロジャー・ボングを中心にハワイ・ホノルルにてスタートした、ハワイ産の70年代〜80年代のレアグルーヴを世界に発信する、ユニークかつその高いクオリティーで世界中の愛好家から評価を受けるハワイからの全く新しいスタイルのレーベル。またDJとしてもシティーポップ、ディスコ、ハワイクラシックスなど混ぜ織り出すそのグルーヴィな音は日本でも多くのファンを獲得している。

そんな様々なスタイルがカラフルに混じり合う5月19日(日)のOPPA-LAは、"SIXTEEN CANDLES"の名前にピッタリの空間になりそうです。
五月晴れの初夏、日曜午後のひととき皆様の来場をお待ちしております!

<SIXTEEN CANDLES Vol.2 @ OPPA-LA>

Date: SUN, MAY 19, 2019//14:00-21:00

Location: OPPA-LA ENOSHIMA
(神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-17江ノ島ビュータワー4F / 小田急線「片瀬江ノ島駅」徒歩4分)

Music: DJ NORI // DJ FRANK-KEY // Special Guest ALOHA GOT SOUL

Entrance: 2000YEN


Sage Vaughn Collection

Introducing the latest collaboration with Sage Vaughn. *コレクションはこちらより MENS / WOMENS

RVCAは、ANP Artist Sage Vaughn(セージ・ボーン)と共に新しいコレクションを発表できることを嬉しく思います。このコレクションは、Sageの新しいアートの視点を表し、それはT-Shirtやボードショーツ、シャツなどでの上で表現されています。

Sage VaughnはLAを拠点とする画家兼イラストレーターで、色とりどりでどこか憂鬱なの蝶やフクロウ、スズメを描いたWildlifeシリーズ、もしくは都市のシーンを描くことでよく知られています。グラフィティは10代の頃に彼が育ったカリフォルニアのサンフェルナンドバレーの周辺で始めているが、すぐに抜け出したシーンでした。

彼は「人間の野生的側面と動物の文明的側面」の間のインターフェースに興味を持っています。そんな彼の父親は画家でもあり、かつてSageをLAの動物園に連れて行き、そこで彼らはは一日中座ってスケッチしていました。彼の最新の絵画、Wildlivesでは、彼が野生生物を配置したのと同じ、色あせた都会的なシーンに対して遊んでいる子供たちを描き、それぞれの自由と生存能力の比較をしています。ニューヨーク、ロンドンのジュネーブで行われた個展は広く評価されています、現在はLAのMOCAでBeastie BoysのマイクDによってキュレーションされた大規模なエキシビションなどに携わっています。


GYPSY EYES OPENING PARTY RECAP

先週金曜日より RVCA SHIBUYA GALLERY にてスタートした Melissa Grisancich(メリッサ・グリサンシーシュ)によるアート・エキシビション"GYPSY EYES"。初夜には彼女にとって国内初となるエキシビションの開催を祝うべく、ささやかなオープニングパーティーが開催されました。絵画はもちろん、普段のエキシビションではあまり見ることのできないドライフラワーを使用した彫刻作品などもあり、見る人の目をを楽しませてくれました。展示期間は5/7(火)まで。作品はもちろん、このエキシビションのために作られたブローチやトートバッグの販売もあるので、ぜひお見逃しなく。

Special Thanks : Bintang Beer & CHILL OUT

GYPSY EYE by Melissa Grisancich
Date & Time : 2019年4月12日(金) - 2019年5月7日(火)11:00 – 20:00
Location :RVCA SHIBUYA GALLERY (東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル2F)
※無料開放となっておりますのでどなたでもご覧頂けます


Melissa Grisancich | RVCA SHIBUYA GALLERY

4月12日(金)よりストア2階に併設されるRVCA SHIBUYA GALLERYにてオーストラリア出身のMelissa Grisancich(メリッサ・グリサンシーシュ)による日本初となるアートエキシビション”Gypsy Eyes”(ジプシーアイズ)を開催します。

様々な素材を使用しポップではあるが、自伝的な表現を得意とする、メリッサ。本エキシビションでは“オールドソウル”と“ジプシーソウル”と言う二つの言葉に対して彼女が抱いた興味とインスピレーションを元にして作品へと表現します。土地から土地へと移動しながら、精神的な面に於ける魂を動かす何かを探求する人々を蝶や動物、妖精、植物、そして昔のジプシーたちが伝え続けた民話などを独自に解釈し、表現する絵や作品をぜひご覧ください。また、現在彼女のアートが大胆に落とし込まれたシャツとボードショーツも販売中なので、合わせてチェックください。

なお、初日4月12日(金)の18時から21時は、アーティスト本人も参加するどなたでもご参加いただけるレセプションパーティーを開催します。この貴重な機会をお見逃しなく。

GYPSY EYE by Melissa Grisancich
Date & Time : 2019年4月12日(金) - 2019年5月7日(火)11:00 – 20:00
※初日4月12日(金)18 – 21時にてどなたでもご参加いただけるレセプションパーティーを開催します
Location :RVCA SHIBUYA GALLERY (東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル2F)
※無料開放となっておりますのでどなたでもご覧頂けます

【Product】詳細は写真をクリック

Grisancich Button-Up Shirt 

       Mel G Tiger Palm

【Melissa Grisancich(メリッサ・グリサンシーシュ)】

1987年生まれメルボルン出身。宗教的な絵画や像に囲まれながら、幼い時からリサイクルとリユースの大切さを教えられて育つ。現在の彼女のスタイルと素材選びは、この生い立ちに由来する。幼い時からアートに対する強い興味を示し、独学でドローイング、ハンドメイドのオブジェ制作、裁縫、ペイントを学ぶ。7歳になるころには、ハンマーと釘を使って木製のオブジェを制作、着色し家に飾るようになっていた。作品には必ず、拾ったものやリサイクルしたオブジェや素材を使い、自らの手を使って制作することにこだわっている。「ポップなフリーダ・カーロ」とも評される、こうしたメリッサのスタイルは、確かにフリーダの作品のようにとてもパーソナルで、時に自伝的だ。彼女の作品にはストリートアート、イコノグラフィー、シンボリズム、昔の子供の本やビンテージのチラシ、ポスター、コミック等のイラストや写真などに対する彼女の嗜好が反映されている。オーストラリアで18歳のときに展示活動を開始し、美術大学卒業後スタジオで作品制作を始める。2011年にメルボルンのブランズウィック・ストリートギャラリーにて初個展を開催。現在はメルボルンにあるRVCA/ANPギャラリーのマネージャーを務める傍ら、ギャラリーのスタジオで作品制作を続けている。

[Instagram] @melgrisa


RVCA WOMEN’S DAY with UNDEUX

「全ての女性は、美しい」をモットーに大阪は梅田に位置する女性専用パーソナルトレーニングスタジオ UNDEUX で開催されたこのイベント。スタートはキックボクサーでもある Mai による Hair Session から。トレーニングだけでなく普段にも使える海外でも人気のヘアアレンジを学びました。ヘアスタイルが変わると、皆の表情がより活き活きとし、モチベーションがUP。外見を整えたら後は Hana4 による Art Session。彼女が取り組んでいる環境問題に関する話を聞いてから、各自思い浮かべた景色をキャンバスに描いく本 Session は、まず初めの15分は無言で描くことに集中。内からも綺麗になるべく、心のトレーニングを行いました。完成した作品はそれぞれ全く違うもの。絵を描くのなんて久しぶり!という方が多く、皆さま真剣そのものでした。そして次はお待ちかねの Workout Session 。トレーナーたちと一緒にパンチやキックを楽しみました。最後は20秒間パンチ、キックを計3ラウンド続けるというハードなメニューでしたが、終えた後の爽快感と満足感がたまらない様子でした。緊張感も抜け会場には素敵な笑顔が溢れていました。最後はCHILLOUTでクールダウン&ヴィーガンフードでお腹も満たしてFinish。

皆様にとって、自分らしさ、真の美しさ、幸せとはなのかを考える1日となっていれば幸いです。
ご参加頂いた皆様ならびにスタッフのみなさま、ありがとうございました!You are so beautiful !


SIXTEEN CANDLES RVCA X BEDWIN & THE HEARTBREAKERS

あの頃は僕も彼女も16歳だった….それぞれの想い出は場所や時代によってちがうけど…. 16歳の時はきっと誰にとってもキャンディーの様なカラフルな色に満たされていたのかもしれない…. 16本のロウソクを吹き消してから何年が過ぎたのだろう?

ふと心を過ったノスタルジックな想いから、一つのイベントの話がスタートしました。 

衣服を纏うという誰にとっても必然的な行為にカルチャーとスタイルを反映させ、高いクオリティーと細部にこだわった物作りを通して完成されたイメージ。国内のみならず、海外にも多くのファンを持つ ”BEDWIN&THE HEARTBREAKERS” (ベドウィンアンドザハートブレイカーズ)そして、相反するバランスをモットーにアートやスポーツ、そして音楽にサブカルチャーと様々な文化を支援するカリフォルニア・コスタメサから発信されるライフスタイルブランド ”RVCA” (ルーカ)の二つが音楽を通して、少し懐かしく、少し新しい集まりを皆様にご案内します。 

今後不定期で開催予定の ”SIXTEEN CANDLES” 第一回目は東京カルチャーを発信し続ける渋谷、DJ BAR BRIDGEにて3月29日(金) 20:00-24:00までDJ NORIとDJ AKを迎えて、桜咲く金曜の夜の街を音楽と共に彩ります。

16歳が遠く過ぎ去りし日の想い出の方も、ほんの数年前まで16歳だったアナタも、誰もが参加できる気軽なホームパーティーな雰囲気の中皆様をお待ちしております。

■SIXTEEN CANDLES
Date : March 29, 2019 Friday 20:00-24:00
Location : DJ BAR BRIDGE (東京都渋谷区渋谷1-25-6 渋谷パークサイド共同ビル10F)
Music : DJ NORI/DJ AK
Entrance Fee : 1,000yen w/1Drink
Hosted By : RVCA X BEDWIN & THE HEARTBREAKERS

【About : BEDWIN & THE HEARTBREAKERS】
世界中の街を遊牧民の様に旅しながら触れてきた様々なカルチャーやスタイル。そして常に相反するものを混在させること。
メジャーとインディ、フォーマルにストリート、民族衣装とスリーピース。そうすることでシンプルなアメリカントラッドをベースに触れてきたもの達のディテイルを加え再構築しながら、クリーンな中に独特の着崩しで持ち続けたい不良性を表現しています。
毎シーズンのコレクションはこうしたベドウィンのベーシックな世界感に、架空のバックバンド "ハートブレイカーズ" が、自分達が聴き影響を受けてきたアルバムや曲をシーズンテーマとしてそのエッセンスを"鳴らす"ことで生み出されています。


POP UP STORE at SPOTAKA

「Something New—いつも楽しいことを!」コンセプトに1922年創業の創業以来スポーツ用品の販売というワクを超えて、つねに人々とスポーツのよりよい関係づくりに取り組んできたスポーツタカハシ(通称 : スポタカ) に、関西最大級となる RVCA POP UP STORE を2019年3月16日(土)がオープンします。

本ストアでは通常のメンズ、レディースアイテムはもちろん、ANP(Artist Network Program)によるコレクションアイテムや、話題のRVCA SPORTなども展開。

「渋谷にある直営店にまで買い物に行けない」「オンラインではサイズ感などがわからない」と今まで商品を身近に見ることができなかったお客様があっと驚くアイテム数でみなさまのご来店をお待ちしております。

また、3月22日(金)は20時から22時まで、同店舗内のスケートパーク(B2F)にて、どなたでもご参加いただけるオープニングパーティーを開催します。カスタムトートバッグ or サコッシュを作ることができる(無くなり次第終了)コーナーや、先日 RVCA SHIBUYA GALLERY でもExhibitionを開催した、人気アーティスト Hana4 によるライブペイントの他、DJによる音楽、ドリンク&フードも振る舞われる予定なのでお見逃しなく。

■RVCA POP UP STORE at スポタカ
開催場所 : スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店 B2F(大阪市中央区西心斎橋 1丁目6番14号 BIGSTEP B2F)
googl map
営業時間 :11:00~20:00(不定休)

■オープニングパーティー
日時 : 2019年3月22日(金)20:00 - 22:00
場所 : スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店 B2F スケートパーク


NY / m o m e n t | RVCA SHIBUYA GALLERY

March 1st marked the opening reception of "NY / m o m e n t". The show will continue to run until March 24th, at RVCA Shibuya, Tokyo.

3月1日(金)前日の雨とはうって変わり、春の到来を告げるかのようにあたたかなその夜、RVCA SHIBUYA GALLERY にてRoland Hagenberg(ローランド・ハーゲンバーグ)による "NY / m o m e n t" のオープ二ングレセプションが開催されました。 会場で皆様を待ち受けていたのは壁一面を使った巨大な作品。その迫力もさることながら、DJ NORIによる心地良い音楽と共に、まるで80年代のNYのストリートへタイムスリップしたかのような感覚に。

大人はもちろんキース・ヘリング、ケニー・シャーフ、アンディ・ウォーホル、ジャン=ミシェル・バスキアといった人物を知らない子供たちでも楽しむことのできる本イベントは3月24日(日)まで開催予定。お見逃しなく。

■Roland Hagenberg photographs “NY/ m o m e n t” Presents by RVCA & CTAG

Date & Time : 2019年3月1日(金)〜 2019年3月24日(日) 11:00 – 20:00
Location : RVCA SHIBUYA GALLERY(渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル2F)
Presented by : RVCA / CTAG
Special Thanks : 池田印刷株式会社 / 株式会社ザ・デジタルソリューションズ / blinc.tokyo / HAGENBERG Studio / IDEAKEI


Roland Hagenberg | RVCA SHIBUYA GALLERY

アートを心から尊重し、想像力の育つプラットフォームを提供すべく世界各地で数えきれない程のアートショーを開催している RVCAと、アーバンコンテンポラリーアートを中心とした独創的なキュレーション&プロデュースを行うCTAG(シータグ) のダブルオーガナイズによるRoland Hagenberg(ローランド・ハーゲンバーグ)のフォトエキシビションが3月1日(金)よりRVCA SHIBUYA GALLERY(渋谷)にてスタート。

1980年代初め、ニューヨークの若いアーティストたちは不可能に挑戦していた。それは、ドラッグ、エイズ、犯罪がはびこるストリートで生き残りながら、独自の革命的で創造的な新しいスタイルを見つけることだった。 そんな彼らのアイドルはAndy Warhol(アンディ・ウォーホル)。 彼らの究極の夢は、金持ちで有名になること。それを成し遂げたのは – Keith Haring(キース・ヘリング)、Kenny Scharf(ケニー・シャーフ)、ほかにJean-Michel Basquiat(ジャン=ミシェル・バスキア)を含め、ほんの一握りだった。RVCA SHIBUYA GALLERYでのRoland Hagenberg(ローランド・ハーゲンバーグ)のインスタレーションは、その過ぎ去った時代の様子をキース・ヘリング、ケニー・シャーフ、アンディ・ウォーホル、ジャン=ミシェル・バスキアの写真から垣間見ることができる。

3月1日(金)18時からは、ローランド本人と、その友人たちも迎えたオープニングレセプションパーティを開催。皆様のご来場をお待ちしております。


■Roland Hagenberg photographs “NY/ m o m e n t” Presents by RVCA & CTAG
Date & Time : 2019年3月1日(金)〜 2019年3月24日(日) 11:00 – 20:00
※初日1日(金)は、どなたでも参加頂けるオープニングレセプションを18:00 – 21:00にて開催します。
Location : RVCA SHIBUYA GALLERY(渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル2F)
Presented by : RVCA / CTAG
Special Thanks : 池田印刷株式会社 / 株式会社ザ・デジタルソリューションズ / blinc.tokyo / HAGENBERG Studio / IDEAKEI


Roland Hagenberg(ローランド・ハーゲンバーグ) 】

ローランド・ハーゲンバーグはオーストリア、ウィーンで育った。マルチメディア・アーティストであり、『ヴォーグ』や『アーキテクチュアル・ダイジェスト』といった国際的な雑誌のライターでもある。1980年代、彼は、ニューヨークの美術界をとりあげ、今では伝説のアーティストたちとの書籍制作のプロジェクトでコラボレーションしてきた。当時のアーティストたちのポートレートが、今回の展覧会に展示されている。ハーゲンバーグが撮影したジャン=ミシェル・バスキアの写真は、国際的な回顧展や、カタログで定期的に紹介されてきた。最近では、ロンドンのバービカン、フランクフルトのシアン美術館、パリのルイ・ヴィトン財団、リオ・デ・ジャネイロリオのブラジル銀行、福岡の三菱地所アルティアムで取り上げられた。2010年、ハーゲンバーグは、日本の建築家である藤森照信や原広司らの設計によるマイクロ住宅を建設するための『ライディング・プロジェクト』を立ち上げた(ライディングとは、ウィーンの近くにある村で、作曲家フランツ・リストの生誕地である)。日本建築に関するハーゲンバーグの書籍は、英語、日本語、中国語で出版されており、2014年には、オーストリア観光局より、最優秀革新賞を受賞している。彼の舞台『ジェットラグ』は、2018年10月と11月に、ミュンヘンのラショナルシアターで上演された。ハーゲンバーグの最新の詩(Karl A.Meyer によるポラロイド)は、この春、ベルリンのArt In Flowによって出版される。

「ニューヨークのローランド・ハーゲンバーグ」
1979年から1982年にかけて、ローランド・ハーゲンバーグはベルリンに住んでいた。当時、西ベルリンは(共産主義国東ドイツの首都で)“ベルリンの壁” に包囲されていた。(近代的な街全体を壁の中に閉じ込めるという)異常な事態を一般市民は不満に思っていたものの、世界中から、多くのアーティストやミュージシャンたちが、魅せられ、感化されていた。ハーゲンバーグが、友人のフォルカ・ディールとドイツの現代芸術家のインタビューと写真をまとめた初の著書『ペインターズ・イン・ベルリン』を著したのは、この頃である。当時、ハーゲンバーグは、ドイツの雑誌『ステァン』の仕事で、マイケル・スチュアートとキース・へリングという二人の若手グラフィティ(落書き)・アーティストを紹介するために、ニューヨークを訪れていた(ヘリングとジャン=ミシェル・バスキアの友達、スチュアートは、地下鉄の壁に絵を描いている最中に、警察官によって殺されてしまった。へリングは、世界的な有名人になりかけていた)。この旅の後、1983 年に、ハーゲンバーグはニューヨークに移り住むことを決めた。そして、まさにアートの歴史を生み出したアーティストたちの中で、1991年まで仕事を続けた。
[HP] hagenberg.com
[facebook] facebook.com/rolandhagenberg


【CTAG(シータグ)Central Tokyo Arts Gallery】
アートキュレーター小林 拓磨を中心に「社会や産業とアートのエンゲージメントを行うこと」を目的に設立したギャラリーです。作品の展示はもちろん、アーティストのアトリエとして、また、地域コミュニティのハブとしてなど、様々な顔を持ちます。体験や参加という能動的関与を可能とするアーバンコンテンポラリーアートに纏わる総合的な活動を通してその発展に貢献しています。2019年4月オープン予定となります。
住所:文京区小石川5-25-7 1F営業:12:00~18:00
TEL:03-6801-8125
[HP] https://ctag.jp/
[facebook] https://www.facebook.com/ctag.jp
[Instagram] https://instagram.com/ctag_jp


Back to Top