News


Now & Then | RVCA Beautiful Losers Exhibition

来たる2018年8月24日、“NOW & THEN: A DECADE OF BEAUTIFUL LOSERS,” と題したとても貴重なエキシビションを The Hole Gallery にて開催することお知らせします。

本エキシビションは2008年8月8日に New York の IFC center にてUS初のプレミアが行われたドキュメンタリー映画 ‘Beautiful Losers’ の10周年を賞賛し開催されます。Aaron Rose と Joshua Leonard により監督された ‘Beautiful Losers’ は1990年代初めに Manhattan の Alleged Gallery に所属していたアーティストのコミュニティの特徴的な精神を記録しました。 ‘Beautiful Losers’ は Alleged Gallery 時代の Barry McGee, Ed Templeton, Mike Mills, Thomas Campbell, Jo Jackson, Shepard Fairey, Chris Johanson, そして Margaret Kilgallen を描写します。

現在これらのアーティストが所属するコミュニティは、RVCA Artist Network Program という形で存在しています。このプログラムはストリート、ユース、スケートカルチャーの中で見つかる(既定概念にとらわれない)規定の概念にとらわれない独創的な精神を具現化し、伝統的な芸術の世界を覆す芸術的才能をプロモート、サポートするRVCAの継続的な取り組みを網羅しています。

DIY / “outsider” アートとその文化的最前線への加速は “NOW & THEN: A DECADE OF BEAUTIFUL LOSERS,” で再訪されます。会場には Aaron Rose, Andre Razo, Ari Marcopoulos, Barry McGee, Cheryl Dunn, Chris Johanson, David Aron, Deanna Templeton, Ed Templeton, Geoff McFetridge, Ivory Serra, Jo Jackson, Margaret Kilgallen, Mark Gonzales, Mike Mills, Rita Ackermann, Shepard Fairey, Stephen Powers, Susan Cianciolo, Thomas Campbell, Tobin Yelland, Tom Sachs などのアートやRVCAコラボレーション・アイテムなどが並びます。

RVCAが誇りを持って贈る “NOW & THEN: A DECADE OF BEAUTIFUL LOSERS” は現地時間2018年8月24日(金)から9月1日(土)までの間 The Hole Gallery (312 Bowery, New York, New York, 10012)にてご覧頂けます。


DISTRACTOR | NOT THE SAME

Costa Mesa's favourite band released a new music video, NOT THE SAME" from their new album "This Time I got it Figured Out" Out now on Burger Records

Video: Sean Campos

Edited: Sean Campos

Color Correction: Sean Campos

FIRST AD: Sean Campos (jr.) Written By: Colin Mckibbin (under the strict supervision of Sean Campos)

See more videos and news from Distractor here


FAHRENHEIT INN | ERWIN BLISS | RVCA EUROPE SURF

Fahrenheit Inn

Last winter in France was a bit of a blur.

A rather wet blur in fact, resulting in a never-ending surge of rain that kept everybody at home, twiddling their thumbs while getting fat on cheese.

It’s in these moments that our expatriate island boys’ nerves are put to the test, and Erwin’s and I’s didn’t last long. Our eyes were glued on the maps, and soon enough we were headed towards a country far south, which we won’t reveal the name of—but that will no doubt look familiar to those who can read the signs.

Upon arrival, a piece of paper with instructions was given to us.

We were told to take the west road. The one leading to that infamous town that was once a gold mine, far behind the mountains.

« Continue straight upon crossing the 14th bridge—the blue one—and don’t stop until you spot the hill of the eternal rainbow » it read.

That was the indication that we would be near our destination: A hotel where the grass was bright green and the oceans folds were warm and hollow.

We had to show up at noon in order to meet the owner of the place. « She will be sunbathing in a pink umbrella » our guide told us.

That’s when we knew we were at the end of the road:

Fahrenheit Inn.

Credits:

Filmed/Edited by: Yentl Touboul

Water Cinematography: Kylian Castells

Additional Footage: Hypolite Champion

Music:

Jai Walsh - "Mariachi Aquachi"

Equinoxious - "Astros Prometidos"


PORTAL | A Short Film Featuring ARI BROWNE

“Portal” はAri Brownem、Joshua KeoghそしてJJ Stanbrookによる才能のコラボレーションです。

彼らの追求は完成ではなく進歩という純粋なものでした。一般的なパフォーマンスサーフボードのアイディアを保ちながら、彼らのサーフボードデザインは既存のボードと全く異なる軌道をたどります。

このムービーに出てくるのサーフボードたちは典型的な設計プロセスから遠ざかり、実験的な未知のサーフボードデザインに特化した非常に稀で特異なスタイルです。

通常、サーフボードのデザインの機能性はその形状より重んじられます。 彼らの目的はこの関係を逆転させ、「フォーム」(サーフボードの外観)が「機能」 (サーフボードのパフォーマンス)よりも優先されるときに発生するダイナミクス(動力学)を調査することでした。簡単に言うと機能性よりその見た目の外観 を重視したということです。 

この結果として彼らの作るサーフボードは、まず第1に外観を重視した彫刻物として、第2に機能性を重視したサーフボードとして識別されます。

しかも、驚くべきことに、定量化出来る犠牲もしくは、性能の低下は明らかではありませんでした。これはJoshがサーフボードをシェイプする際に取った臨床的研究(波に乗ること)によるものです。

パフォーマンスと美しさをシームレスに調和させる。 「ボードはパフォーマンス・ウィンドウでうまく動作していました」とAri Browneは証言しています。それらはすべて驚くほどうまくいきました。


Stanbrookのショートフィルムそれ自体がアート作品です。また彼ら三人はこの作品を通じて冒険、楽しさ、大胆であることのストーリーを発信しています。


作品のなかで撮影舞台となるエキゾチックなモロッコの海岸線を徘徊して、バカを演じるAri Browneの映像から垣間見える、ディレクターStanbrookのユーモアの才能はこの作品がただのサーフムービーではないことが分かります。 
最後になりますが、やはりこの作品の最も優れた部分は、10枚の非常に優れたフィンレスサーフボードのサーフィンでしょう。

Music Courtesy of Burger Records

- Guantanamo Baywatch - Barbacoa

- Mr. 4Twenty - We Lurkin & Work Hard

- Distractor - Human

- Levi Prairie - El Mirage Here She Comes


HOTEL POOL PARTY | HIDEOUT OKINAWA URUMA

夏を祝うべく沖縄県はうるま市に位置する HIDEOUT OKINAWA URUMA にて開催された "HOTEL POOL PARTY"。美しい海をバックにRVCA SHIBUYA の壁画も手がけたMHAK氏によるアートが底に描かれたプールでは大人も子供も大はしゃぎ。この日同時開催のHOTELのオープンを記念した Night Garden Party では Borrachos によるタコスやCoronaビール、GRIND LODGE によるスクリーンプリントT-Shirt が振舞われ、五感が満たされた1日となりました。

Special thanks to the guests and HIDEOUT OKINAWA URUMA ! || Photo @choppachopper , @ida_yoshi

|| RVCA Swim collection はこちらより ||


Tom Gerrard Exhibition | Through My Eyes

RVCA Special Edition Artist Tom Gerrard recently travelled to Tokyo and opened ‘Through My Eyes’ at the RVCA Upstairs Gallery Tokyo. Australian artist Tom Gerrard explores his surroundings through his daily drawings in his passport sizes sketchbooks. In his first ever Japanese exhibition he is presenting 20 works on paper that explore a diverse range of subjects and objects that he has executed in his minimal colour palette of red, black and white with the odd hint of chrome and grey.

These subjects are the commonly overlooked items in Australian life. Each piece has been approached as he would a page in his sketch books. Yet he has swapped out his pens for spray paint, ink, watercolour and acrylic paints. This is a unique exhibition for Tom as the demands of large galleries of his home town of Melbourne have seen his work grow in scale and price. With this exhibition, he has taken a step back from the large canvases and wooden panels and worked exclusively on large sheets of paper.

Thanks to Bintang for the opening night refreshments. View the catalogue of available works here.


THROUGH MY EYES | RVCA SHIBUYA GALLERY

7月27日(金)RVCA SHIBUYA GALLERY にて Tom Gerrard による国内初となるアート・エキシビション "THROUGH MY EYES"のオープニングレセプションが開催されました。ギャラリーには赤の使い方が印象的な作品18点が展示され、彼のファンや友人などたくさんの人々が集まり、笑い声でいっぱいでした。本エキシビションは、2018年8月6日までの展示予定です。お見逃しなく。Special Thanks : BINTANG BEER / CHILLOUT

RVCA SHIBUYA : 東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル(営業時間 11:00AM-8:00PM)


Tom Gerrard | RVCA SHIBUYA GALLERY

RVCA SHIBUYA GALLERYにて7月27日(金)よりNewエキシビション ”THROUGH MY EYES by Tom Gerrard“ を開催します。

暑い夏と同じく盛り上がるRVCA SHIBUYAの2Fには無料でアートが楽しめるギャラリーが併設されていることはご存知でしょうか?
ブランドRVCAの世界観が思う存分堪能できるギャラリーでは定期的にエキシビションを開催しています。

来たる7月27日(金)からは第三弾としてオーストラリアよりTom Gerrard(トム・ジェラード)が来日し国内初となるエキシビションを開催します。
初日の27日(金)は、どなたでも参加できるオープニングパーティーを開催。アーティスト本人も参加予定なのでお見逃しなく。

■ ”THROUGH MY EYES by Tom Gerrard“

Date & Time : 7月27日(金) 〜 8月 6日(月)/ 11:00 〜 20:00 
※初日 18 : 00〜 21 : 00 にて誰でもご参加いただけるレセプションパーティーを開催します
Location : RVCA SHIBUYA 2F (東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル)
Special Thanks : BINTANG BEER

■ Tom Gerrard

トム・ジェラードとストリート・アーティスト・イオン。彼らの2人のキャリアは、何年もの間隣り合って存在しています。共にオーストラリア国内外で展示され世界中のアートコレクターたちによりさらわれています。

2人の芸術家が実は同人物で、二つの異なるスタイルで異なるアングルからアートワールドにアプローチしているということを知っている人は殆どいません。イオンの絶妙なアイコニックなキャラクターは、オーストラリアを越えて、ヨーロッパ、アジア、アメリカなどのストリートで見ることができ、それは彼を世界で最も広く知られるオーストラリアのストリートアーティストの一人にさせます。

同時にトム・ジェラードのキャリアは、主にロンドン、パリ、ベルリン、バルセロナ、LAのような都市のギャラリーで築かれています。彼はまた自身のポッドキャストであるBENCH TALKで司会を務め、アーティストやクリエイターへ彼らのキャリアについてインタビューしています。

[HP]http://tom-gerrard.com/ [Instagram]@tom_gerrard_ [BENCH TALK] http://www.benchtalkpodcast.com/


RVCA Morocco

From Tangier to Casablanca, Morocco has long had an alluring aspect to it. Summoning writers, artists and musicians to explore it’s unique yet diverse culture. The RVCA skate team found themselves drawn there in exploration of untapped spots and rarely skated cities. Starting in Tangier and making their way down the coast to Safi, the days were spent skating, eating tagine, couscous and drinking sweet green tea with mint leaves. With camels on the beach, ancient castles and mosques and contrasting modern architecture, Morocco proved itself the perfect backdrop for an array of great skate spots, good times with friends and adventures they’ll never forget.

Featuring RVCA Advocates Andrew Reynolds, Kevin "Spanky" Long, Jeremy Leabres, Curren Caples & Aidan Campell. Photos by John Bradford.


Back to Top