Matthew Bajda | RVCA SHIBUYA GALLERY

渋谷にSTOREがOPENして早一年。2Fに併設されるギャラリーでは様々なエキシビションが開催されてきました。そんなギャラリーにて6月7日(金)より、サンフランシスコ在住のアーティスト Matthew Bajda(マシュー・バイダ)による一周年にふさわしいエキシビション “Libre Y Soberano” が開催されます。

日本語で自由と独立を表す “Libre Y Soberano” はバハカリフォルニア(メキシコ)に由来します。野生的で自然が溢れるバハカリフォルニアには、人が少ない土地がたくさん存在します。町もないロングドライブ、そこにあるのは自然だけ。そんな地でマシューが長年に渡り撮りためた写真たちからは、あなたが自由に生きているように感じるでしょう。

なお、初日6月7日(金)の18時から21時に開催されるオープニングレセプションはアーティスト本人の来場はもちろん、ドリンク&タコスが振舞われる予定です。初夏を彩る本イベントをお見逃しなく。

Libre Y Soberano by Matthew Bajda
Date & Time : 2019年6月7日(金) - 2019年6月30日(日)11:00 – 20:00
※初日6月7日(金)18 – 21時にてどなたでもご参加いただけるオープニングレセプションを開催します
Location : RVCA SHIBUYA GALLERY (東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル2F)
※無料開放となっておりますのでどなたでもご覧頂けます


【Matthew Bajda(マシュー・バイダ)】
マシュー・バイダは、サンフランシスコ在住のアーティスト兼キュレーターです。近年、ミクストメディア(一つ以上の媒体または素材を用いた美術工芸品)彫刻に携わっていますが、主にドキュメンタリーやストリートの写真作品で知られています。ベルリン、東京、ロサンゼルス、サンフランシスコ、デトロイト、ニューヨーク、マイアミなど世界中の都市で展示されています。彼は旅と同じく古い車の運転にも多くの時間を費やしています。彼の写真は、彼が旅行中に出会った人々の日常生活の一部や文化を映しています。

[Instagram]
[HP]




Back to Top