PORTAL | A Short Film Featuring ARI BROWNE

“Portal” はAri Brownem、Joshua KeoghそしてJJ Stanbrookによる才能のコラボレーションです。

彼らの追求は完成ではなく進歩という純粋なものでした。一般的なパフォーマンスサーフボードのアイディアを保ちながら、彼らのサーフボードデザインは既存のボードと全く異なる軌道をたどります。

このムービーに出てくるのサーフボードたちは典型的な設計プロセスから遠ざかり、実験的な未知のサーフボードデザインに特化した非常に稀で特異なスタイルです。

通常、サーフボードのデザインの機能性はその形状より重んじられます。 彼らの目的はこの関係を逆転させ、「フォーム」(サーフボードの外観)が「機能」 (サーフボードのパフォーマンス)よりも優先されるときに発生するダイナミクス(動力学)を調査することでした。簡単に言うと機能性よりその見た目の外観 を重視したということです。 

この結果として彼らの作るサーフボードは、まず第1に外観を重視した彫刻物として、第2に機能性を重視したサーフボードとして識別されます。

しかも、驚くべきことに、定量化出来る犠牲もしくは、性能の低下は明らかではありませんでした。これはJoshがサーフボードをシェイプする際に取った臨床的研究(波に乗ること)によるものです。

パフォーマンスと美しさをシームレスに調和させる。 「ボードはパフォーマンス・ウィンドウでうまく動作していました」とAri Browneは証言しています。それらはすべて驚くほどうまくいきました。


Stanbrookのショートフィルムそれ自体がアート作品です。また彼ら三人はこの作品を通じて冒険、楽しさ、大胆であることのストーリーを発信しています。


作品のなかで撮影舞台となるエキゾチックなモロッコの海岸線を徘徊して、バカを演じるAri Browneの映像から垣間見える、ディレクターStanbrookのユーモアの才能はこの作品がただのサーフムービーではないことが分かります。 
最後になりますが、やはりこの作品の最も優れた部分は、10枚の非常に優れたフィンレスサーフボードのサーフィンでしょう。

Music Courtesy of Burger Records

- Guantanamo Baywatch - Barbacoa

- Mr. 4Twenty - We Lurkin & Work Hard

- Distractor - Human

- Levi Prairie - El Mirage Here She Comes






Back to Top