RVCA WORLD TOUR | DAY3

RVCA World Tour のメインイベントとなる “NOW & THEN: A DECADE OF BEAUTIFUL LOSERS” のオープニングイベントがこの夜開催されました。集まったお客様の数はもちろんのこと、ここ日本でこれだけのメンバーと作品が一挙に集まることはとても貴重な機会であり、昨年のNYCに続き記録に残るイベントとなりました。Aaron Rose(アーロン・ローズ)と Joshua Leonard(ジョシュア・レナード)により監督された ‘Beautiful Losers(美しき落ちこぼれたち)’ は1990年代初めにマンハッタンの Alleged Gallery(アレッジド・ギャラリー)に所属していたアーティストにより形成されたコミュニティの独特の精神を記録したドキュメンタリー映画で、本エキシビションは2008年8月8日に New York の IFC center にて初めてのプレミアが行われてから10年を迎えたことを記念し開催されました。

‘Beautiful Losers’ は Alleged Gallery 時代の Barry McGee(バリー・マッギー), Ed Templeton(エド・テンプルトン), Mike Mills(マイク・ミルズ), Thomas Campbell(トーマス・キャンベル), Jo Jackson(ジョー・ジャクソン), Shepard Fairey(シェパード・フェアリー), Chris Johanson(クリス・ヨハンソン), そして Margaret Kilgallen(マーガレット・キルガレン)たちを描写します。

現在これらのアーティストが所属するコミュニティは、RVCA Artist Network Program という形で存在しています。このプログラムはストリート、ユース、スケートカルチャーの中に見られる、規定の概念にとらわれない独創的な精神を具現化し、伝統的な芸術の世界を覆す芸術的才能をプロモート、サポートするRVCAの継続的な取り組みを網羅しています。

オープニングには本エキシビションのキュレーションを務め、長きに渡る ANP Quarterly 編集者であり RVCA メンバーである Aaron Rose はもちろんのこと、Ed Templeton, Deanna Templeton, Steve Powers, Barry McGee, Alexis Ross といったアーティストや RVCA の Skate & Surf Advocate たちも集まりこの盛大な夜を共に祝福しました。お集まりいただいた皆様、大変ありがとうございました。

本エキシビションのオリジナルグッズはこちらより





Back to Top