Aaron Rose

アーロン・ローズ

現在はロサンゼルスで暮らすライター、アーティスト、ディレクター、フリーランスのキュレーターであるアーロン・ローズは1992年から2002年の間、 ニューヨークの伝統的ギャラリー Alleged Gallery(アレッジト ギャラリー)のオーナー兼ディレクターとしてマーク・ゴンザレス、クリス・ヨハンソン、マイ・ミルズ、エド・テンプルトン、バリー・マッギー、フィル・フ ロストなど数多くのアーティストたちを世に送り出したストリートアートの仕掛人であった。その後も彼のアートへの情熱は消えることなく2004年3月コン テンポラリー・アート・センターで開かれたクループ展 ”Beautiful Losers(ビューティフル ルーザーズ)”をディレクションする。この活動は世界を跨いで続いていた。2008年自身が監督を務めた ”Beautiful Losers(ビューティフル ルーザーズ 美しき落ちこぼれ)” のドキュメンタリー映画を制作し話題を集めた。現在は、自社であるアート本の出版社アレッジトプレスで出版を手がけ、その他にもRVCA(ルーカ)が発行 しているフリーマガジンANPQuarterly(ANP クォータリー)の共編者として活躍している。Index(インデックス)、 iD(アイディー、Dazed & Confused(デイズド アンド コンフューズ)、 Self service (セルフサービス)、 TOKION(トキオン)他多くの雑誌で彼のインタビュー記事やエッセイを見ることができる。


Aaron Rose | Portrait of the Artist as a Beautiful Loser



Instagram


Back to Top