Ruotolo Twins

ルオトロ・ツインズ

マウイ島のワイルクで産まれたケイドとタイ・ルオトロは、まだ彼らが生後6ヶ月のころハンティントン・ビーチに移住した。3歳を過ぎた頃に柔術を習い始め、 2週間と経たないうちに最初のトーナメントで優勝。そこから彼らの勢いが止まる事は無かった。メンデス兄弟から新しい技の指導を受けていない時間は、ルオトロ・ツインズはサーフィンやスケートに没頭し、妹のニアとも時間を過ごす。ルオトロ・ツインズの夢は世界タイトルをたくさん取り、世界中を旅しながら柔術の楽しさを教える事。他に例を見ないスポーツに対するパッションと誠実さ、それを持った彼らは確実に正しい方角へ向かっていると言えるだろう。ケイドとタイ、二人は柔術の未来であり、メンデス兄弟、BJペン、そしてマーカス・ブケッチャの “VA Sport(VA スポーツ)”に加わるのもそう遠くは無さそうだ。



Back to Top