Alex Knost

アレックス・ノスト

10年以上もの間サーフィンのサブカルチャーを実験し続けるアレックス・ノストは、60年代と70年代のサーフボードデザインならびに広範囲に渡るあらゆる芸術的表現手段に興味を寄せる。彼はペインティング、フィルムそして写真といった様々な形をした作品を創造、展示する為に世界中を旅している。今は亡き” ポップロックグループ ”Japanese Motors(ジャパニーズ モーターズ)" や現在のグループでありL.A.レコードマガジンに "Lo-Fiミニマルな実験的サイケデリック" と称されたTomorrows Tulips(トゥモロウズ チューリップス)でのレコーディングやツアーも行う。2011年、自身のボードシェイピングに一年という歳月を費やした後、サーフボードレーベル Brown Microwave Television(ブラウン マイクロウェブ テレビジョン)を設立する。そんな彼はこれからも”時代遅れもしくはしばしば忘れ去られた”デザインを実験するボードを生み出し、乗り続ける。


Alex Knost

Get a glimpse into Alex's perspective and history with RVCA in this installment of our Inspired By... series.

Alex Knost

RVCA Advocate Alex Knost surfing Bali and Costa Rica.
Filmed and Edited by Taylor Bonin
Special Thanks: Jimmy Kinnaird
Music: Time by Ty Segall & White Fence

Alex Knost

Alex Knost sliding his way through another California Summer. Filmed and Edited by Jimmy Jazz, Song - So Desperate by King Tuff.



Instagram


Back to Top