BARRY MCGEE

バリー・マッギー

バリー・マッギーはグラフティアーティストとしてのバックグラウンドを持つ。長年に渡り彼の Twist(ツイスト)というシグネチャータグとマークは企業のロゴや商標、広告で埋め尽くされた非人格化した都市の景色に個人とハンドメイド要素を残し続けている。公共の場で活動することは匿名であることと、素早く完了させること、そして多くの目が向けられる様なエリアでは密やかに実行することが必要である。しかし、このアーティストが美術館などで野心を放つ時、彼の芸術的な意図は状況と共に劇的に変化する。

ほとんどの場合、美術館の壁のために依頼される仕事は、もはや見事にやってのける精巧なスタントや早わざではない。彼が登る壁またはフェンスがどれだけ高く不安定かを見るのとは違い、警備監視のもととても安全かつ真っ昼間でも誰の目も気にする必要がないのだ。

むしろ最も重要なことは堅固な場所という美術館のコンセプトを破壊し静まり返ったギャラリーの空気をひっくり返し砂まじりの活力とストリートのエネルギーに溢れた速度を歓迎することだ。


BARRY MCGEE | ALEX KOPPS

ANP Artist and filmmaker Alex Kopps spends time with Barry McGee, capturing a not so typical "day in the life" for Barry. The short was filmed in August while Barry was preparing for his mid career retrospective at Berkeleys BMA/PFA. Video courtesy of MOCATV.



Back to Top